カジュアルファッションならレギンスが大活躍

女性ファッションには短いボトムというのが定番になっていて、中にはレギンスを履く人も増えています。

女性ファッションのボトムに必要なレギンス

若い女性たちの中心的なファッションといえばミニスカートやショートパンツで、ここ最近は生足でそのまま履くということが普通の時代のようです。しかし生足のまま短いボトムを履くということは下着が見えてしまうこともあり、女性たちは階段やエスカレーターなど気になる場所というのが出てきてしまいます。そこで若い女性たちが短いボトムの下に履くのがレギンスで、以前の用語ではスパッツというものが同じ商品になります。短いボトムの中に履くことによって下着も見えないことや、足を気にしている女性でもミニやショートパンツを履くことができるのです。

このファッションは若い女性たちだけではなく小さいお子さんのいるママや、アラフォー世代の女性にも人気がありしゃがんだりしても気にならないのが良いそうです。アラフォー世代の女性の場合には短いボトムに合わせるのではなく、長めのトップスに合わせる人が多くチュニックにレギンスというスタイルになります。ボーダー柄やドット柄そのほかいろいろなカラーバリエーションも豊富で、デニレギといわれるデニム素材の商品もあるので細いデニムを履いているように見えます。夏には涼しく冬には暖かな素材の商品があります。

ピックアップ