カジュアルファッションならレギンスが大活躍

レギンスが流行して数年たつが、男性ウケがあまり良くない様子。それでもはきたい場合のファッションとは。

男性にも女性にも受け入れられるレギンスをあわせたファッション

ファッションは、男性と女性のどちらの「ウケ」を意識するかで着るべき服が変わる一面があります。レギンスは女性のウケは良い半面、男性のウケはいまひとつのようです。レギンスは冷えを防止する、ナマ脚をダイレクトに出さなくて良いなど女性にメリットが多いの人気は消えそうにありません。

では、男性と女性、それぞれにウケる、ウケない、理由は何なのでしょうか。普通、女性同士ではナマ脚よりもレギンスを合わせたほうが評価される傾向にあります。もっとも、フォーマルな場、ビジネスの場、それに準じた場はのぞきます。理由は、ナマ脚を出さないことで自分が女性であることを前面に出していないことが少なからず安堵感を与えるのかもしれません。

反対に、男性のウケが今一つなのは、その逆にあると推測します。であれば、いっそのこと、男性の前でレギンスを組み合わせる場合には、レギンスではなく「タイツ」のようなコーディネイトをしてしまうのも一案です。おそらく、「折角スカートをはいているのに、下にズボンをはいている。」ように見えるのでしょう。ならば、レギンスの存在を前面に出さず、タイツのように存在を出さないコーディネイトが得策かもしれませんね。

ピックアップ